双眼鏡を子どもに貸すときの注意点

あっという間に4月となり、あと数週間もするとゴールデンウィークに突入ということで、双眼鏡を持ってお出かけする方も多いと思います。

 

旅先で双眼鏡を使っているとお子さん達に「貸して!」と言われると思いますが、そんな時の注意点を書きたいと思います。

 

1)ストラップは必ず首からぶら下げる

 

子どもはかなりの確率で、双眼鏡を落とします(体験済み)。そして、双眼鏡は衝撃に弱く、すこし光軸がずれただけで使い物にならなくなります。(これも体験済み)

 

渡すときは先に首に下げてあげるといいです。

 

2)子どもの目幅に合わせて、出来るだけ狭くしてから渡す

 

大人と子どもの目幅は異なるので、小学3年生くらいのお子さんなら、一番狭くしていてほぼ間違いないです。

 

せっかく興味を持って使いたいわけですから、見えるように一工夫してあげた方がいいです。

 

3)「何にも見えない!」と言う子は、かなりの確率で両目をつぶっている。

 

冗談のように感じるかもしれませんが、本当です。また、ミニポロ(逆ポロ)を採用しているコンパクト機では、対物側からのぞく子ども(大人も)が多く、この場合は

 

「ちっちゃく見える!」

 

と騒ぎ出します。

 

4)最も大事なこと=太陽を見ない!

安全上最も大事なことは、絶対に太陽、そして太陽の方向を見ないことです。

可能なら太陽が(建物や木に)隠れるような場所から使わせたほうがいいです。

 

夢中になって振り回していると、太陽を視界に入れてしまうからです。

 

ほんのわずかな瞬間太陽を見ただけでも、深刻な事態(失明)になりますので、これだけは絶対に大人が注意してあげてください。