コーティングの必要性

光学の専門的な話は物理の話なので苦手に感じるものですが、いくつか知っておくとよい数字があります。

 

その一つとして、

 

  • 空気から光学ガラスに光が入射すると、4%の光を損失する

というものがあります。

 

例えば、凸レンズ一枚では2回、この損失が起きるので、

 

96%×96%=92.16%となり、約8%の光が失われるわけです。

 

普通の双眼鏡では、対物レンズと接眼レンズで合計5枚程度は使われており、10回この損失が発生するので、これを計算すると34%もの光が失われることになります。(実際は、これにプリズムが加わります)

 

せっかく対物レンズで光をたくさん集めても、かなりの割合が失われてしまっては、理論値から大きくかけ離れた見え方にしかならず、がっかりです。

 

昔の双眼鏡を見た時に感じる減光感は、主にここに原因があります。

 

この反射による光の損失を防ぐのが「コーティング」です。

レンズ表面に様々な化学物質の層を作ることで、光の透過率を上げます。

 

昼間の景色を見る場合だと、数%程度の違いは、普通の人では気がつきませんが、薄明・薄暮時や天体を見る時などは、最後の一押しがものを言う時があります。

 

また、高級なコーティングではすべての色がきれいに見ることができ、一度それに慣れると、なかなか戻れないこともあります。

 

進歩の遅い双眼鏡の世界ですが、コーティングの技術だけは、この数十年間の変化はすさまじく、最新・高価なものほどグレードが高いと思っていいと思います。