台数限定!日本製ハイエンドが40%OFF!

アフターサービスが国内で受けられます!

Bresser Montana 8.5×45


おかげさまで、この商品は売り切れました

Bresser Montana 8.5×45ED
Bresser Montana 8.5×45ED

スペック表


 
  Bresser Montana 8.5×45ED
生産場所 Made in Japan
倍率 8.5倍
口径 45mm
実視界 6.6°
ひとみ径 5.3mm
明るさ 28.0
見かけ視界 56.1°
アイレリーフ 19.5mm
最短合焦点距離 3.0m
サイズ(H×W×D) 155×127×54
見口形式 ツイストアップ
防水性 1m -5min
接眼レンズ構成 4群5枚
対物レンズ構成 3群4枚
接眼コート フラットマルチ+防油コート+ED
プリズム フェイズ/ SHR
ボディ マグネシウムダイカスト
重量 745g
三脚取り付け 可能

天文ファンにも満足できる見え味です


数週間、サンプル機の提供を受けまして、いろいろな条件下で実際に使用することができました。

加えて、ハイエンド機としての実力を知るために、世界最高と評される「新型Swarovski 8.5×42EL (以下、ELと略)」と比較してみましたので、ご購入の参考にしてください。

swarovski 8.5×42EL
swarovski 8.5×42ELと比較しました

シャープネス


ED(超低分散ガラス)レンズを対物に採用してあり、色収差がほとんど感じられないすっきりとした見え味になっています。

 

アンドロメダ大星雲と二重星団を実際に見たのですが、星が鋭い点像を結んでいて、かなりうるさい天文ファンでも満足できるシャープさです。

 

45mmの口径があると、星雲・星団の見え方にも余裕がありますね。

 

見かけ視界は、56°で、手堅くまとめた印象です。厳しめに評価しても、良像範囲は中心から 75%まで。

そこから周辺に向けて緩やかに崩れていく、非常に好感が持てる双眼鏡です。

 

ELは、見かけ視界65°に加えてフラットナーレンズがあるため、広角ながら最周辺までシャープな見え方で、さすがに異次元のレベルです。


フラットマルチコートとその効果


可視光線の幅広い波長の光に対して、極めて高い透過率を実現させるフラットマルチコートを採用しております。

 

色バランスは非常に良好で、偏った色味を感じることはなく、自然な色を再現できています。

 

真っ白い看板を見た時には、見たままの真っ白さを感じることができました。

 

色の再現性については、ELとの差は微妙です。ほんの僅かに、ELの方が色彩が豊かに感じられ、Bresserは淡白に感じました。

 

同じ白い看板を見たときは、白い部分がまぶしく感じ、ELの底力を思い知りました。口径が3mm小さいのに、です。

 

内面の処理は上々で、逆光で使っても、非常に狭い範囲でフレアが発生するだけで、ストレスを感じることはありませんでした。


スッキリとしたデザインと扱いやすい操作性


写真をクリックすると、拡大することが出来ます

おしゃれ感に溢れる曲線的なELとは異なり、非常にシンプルなデザインです。

高級双眼鏡にありがちな凝った視度調整はなく、普通に右側の視度調整リングを回すタイプです。(これが意外と、使いやすかったりするのですが)

 

可動部のうち、フォーカスリングは、渋め(硬め)の仕様です。

 

リングにはローレット加工(滑り止めの凸凹)があり、手袋を使用しての状況でも、用意に操作が出来そうです。

 

驚いたのは、マグネシウムダイカストボディの軽さです。

Bresserの方が軽いなと感じて調べたところ、90gほど実際に軽いようです。

どちらも、軽くてホールド感もよく、天頂付近の星を見るときでも疲れを感じない双眼鏡です。

 

過小評価してはいけないのが、防油コート(撥油コート)です。

メンテナンスの時の楽チンさは、一度使うと従来のコーティングが古くさく感じるほどです。


付属品一式


付属品一式
付属品一式
  • 合皮製ケース
  • ストラップ
  • 接眼レンズキャップ

 

ストラップは幅が広く、首に食い込むようなことはありません。

付属品のクオリティは、まぁ、普通ですね。

余計なところにはコストをかけず、中身で勝負、といったところでしょうか。


価格5万円台のハイエンド機の活用法


「ブランドが大事」「どうしても世界最高にこだわる」

というお客様は、どうぞELをご購入下さい。

 

でも、汚れを気にせず思いっきり使いたおせるハイエンド機を手に入れたい方には、今回はラストチャンスとなるかもしれません。

 

お金の価値観は人それぞれでしょうから、何とも言えませんが、私の場合は、10万円レベルになると正直、気を遣いながらの使用となるでしょう。

 

  • 小雨が降ってきた…、防水だけど気分的に嫌だから、しまっちゃおう。
  • ホコリっぽい場所で風が強い…、メンテナンスが面倒になるから、片付けよう。
  • 他の人に「それ貸して」と頼まれた…、大丈夫かな??

 

心当たりは、ありませんか?

 

以前、徹底的に使い込まれた中古EL8.5×42を見たことがあります。所有者は上級バードウォッチャーで、高級品とかの感覚はなく、単なる道具として扱っていたのです。

 

これ、正しいですよね。

 

よく見えるから選ぶ。道具だから愛情こめて、徹底的に使う。

かっこいいですよね。

 

私の場合、この感覚が保てるのは5万円台まで。

ELを100点満点としたら、92点ほどの性能を持つBresser Montana 8.5×45ED。

使い倒してみませんか?

 


保証期間1年、国内でアフターサービスOK


1ヶ月間、返品を受け付けます。

クオリティには自信がありますが、ご満足いただけない場合は、返品を受け付けます。商品の到着確認後、送料を含めて、返金いたします。

 

通常使用の範囲内で故障した場合は、購入から1年間無償で修理いたします。

 

窓口は、双眼鏡倶楽部にて承ります。

 

詳しい保証期間や返品については、こちらをクリック


ご注文