2014年

8月

20日

ヒノデ6×21-S1 -6D仕様が入荷しました!

日本人の約半数は、メガネをかけているとか。

そのうち、近視でメガネをかけている人は、7割程度と推定すると、人口の3~4割にのぼります。

かくいう私も、レーシック手術をする前は強度の近視でした。

すると、双眼鏡を使うときに困ったことが起こるのです。


最近の双眼鏡は、ハイアイ(ロングアイレリーフ)といって、メガネをかけたままでも、双眼鏡の全視野を見ることが出来るように設計されています。


でも、昔の双眼鏡は、目を接眼鏡にくっつけないときちんと見ることが出来ないのです。


そこで、メガネを外すわけですが…、

困ったことに、無限遠にピントが合わないのです!


これは悔しいですよ。

「あとちょっとだけピントリングが回せれば、無限遠にピントが合って、この超広角双眼鏡が楽しめるのに~。」


このフラストレーションから、生まれたのが-6Dです。

日の出光学さんに無理を言って、強度近視用に調整してもらったのです。


メガネの汚れや反射などを気にせず、ハイコントラストなS1の見え味をお楽しみくださいませ。(ご注文は、「コンパクト」からお願いします)